【検証】dTVターミナルの機能性は?ほんとうに便利なの?

dTVターミナルの機能性は?

NTTドコモが2015年に発売した「dTVターミナル」。

しかし、この名前を聞いてもピンとくる人はほとんどいないでしょう。

じつはdTVをテレビで見るために作られたものなんです。

今回はこのdTVターミナルの機能性や接続方法などについて紹介していきます。

初回31日間無料おためし【dTV公式】

管理人ミツヲ
ドコモユーザー以外でもつかえますよ

 

スポンサーリンクパイレーツオブカリビアン

dTVターミナルとは?

「dTVをテレビ画面でたのしみたい」

そんな人のために作られたのが、このdTVターミナルです。

専用のリモコンがついているので操作もカンタン!

テレビ番組をみるときと同じような感覚で使用できます。

ドコモユーザーじゃなくてもdアカウントさえ持っていれば視聴可能です。

 

価格はどれくらい?

dTVターミナルの定価は7,538円(税込)です。

接続もカンタンなので工事費用などは一切かかりません。

それと実質年率0%で分割払いに対応しているのも魅力的です。

12回と24回の分割払いに対応していて、24回払いだと月々314円で利用できます。(※端数は初月分に加算)

分割払いの受付時には審査があるそうですが、それさえクリアすればOKです。

管理人ミツヲ
分割なら価格は気にならないかも

 

dTVターミナルが対応している機能

  • You Tube
  • ミラキャスト
  • 自分が持っている写真や動画を見る

dTVターミナルでは、上記のような機能にも対応しています。

そもそもdTVを見るためにつくられたので、汎用性があまりよくありません。

ほかのメディアプレーヤーと比べると、やや劣っている印象ですね。

 

You Tubeにも対応してるよ

dTVターミナルのメインの使用目的はdTVを見ることですが、会員じゃなくても利用できるサービスがあります。

You Tubeなら月額料金を払わなくていいので、dTVを一時休止しているときに最適です。

ただしYou Tubeのためにこの機械を買うのはおすすめできません。

もっと汎用性が高いクロームキャストやFire TV Stickなどをおすすめします。

 

Androidユーザーならミラキャスト

ミラキャストは、Android端末の画面をテレビに映す機能です。

スマホの画面をそのままテレビに映せるので、動画以外にもゲームを楽しんだりフリマアプリで洋服を探したりなど、いろいろな使いみちがあると思います。

ただしミラーリング機能に対応したAndroidスマホじゃないと使えないので気をつけてください。

また、グーグルプレイ内の動画はミラキャストに対応していません。

管理人ミツヲ
iPhoneユーザーならAir Playをつかおう

 

自分が持っている写真や動画を見る

dTVターミナルに内蔵されている「マイメディア」というアプリを起動させると、自分が持っている写真や動画をテレビに映せます。

みんなで旅行やイベントなどの思い出を振り返りたいときは便利ですね。

お子さんがいる家庭にもおすすめできます。

 

dTVターミナルでの視聴に必要なもの

  • HDMI端子内臓のテレビ
  • ネット環境

では、dTVターミナルの利用に必要なものを紹介していきます。

といっても、基本的なものは全部まとめて付属されているので、用意するものはほとんどありません。

 

HDMI端子内臓のテレビ

用意するものと言いましたが、テレビはほとんどの人がすでに持っていると思います。

HDMI端子がついているものであれば、なんでもOKです。

大抵のテレビにはHDMI端子がついていると思います。

 

ネット環境

dTVターミナルを利用するなら、ネット環境が必要です。

大抵の方はWi-Fiを使っていると思いますが、有線ケーブルしかないという方でも接続できるので安心してください。

ちなみにクロームキャストやFire TV Stickだと、Wi-Fiしか使えません。

この点だけで見れば、dTVターミナルが便利かもしれません。

 

接続方法はたったの3ステップ!

  1. dTVターミナルの電源コードをコンセントに刺す
  2. dTVターミナルとテレビをケーブルでつなぐ
  3. インターネットに接続する(有線 or Wi-Fi)

つぎは接続方法を紹介していきます。

接続はたったの3ステップなので、機械が苦手な方でも安心してできますよ。

まずはdTVターミナルの本体に電源ケーブルを取り付けてそのままコンセントにつなぎます。

そのあと付属されているHDMIケーブルで、本体とテレビをつなぎます。

さいごにdTVターミナルを起動させて、Wi-Fiか有線のどちらかを選択し、ネットにつなげば完了です。

Wi-Fiに接続する場合、パスワードを打ち込む作業があるので、事前にルーターのパスワードをメモしておくとスムーズに進むでしょう。

 

dTVターミナルのメリット・デメリット

メリット ・据え置き型メディアプレーヤーの中では価格が安い
・有線ケーブルでつなげるから通信が安定しやすい
・接続やセットアップがカンタン
・専用リモコンがついていて操作しやすい
デメリット ・dTVユーザー以外は持つメリットがない
・対応機能が少ない

dTVターミナルのメリットとデメリットを上記にまとめました。

この結果から、

  • dTVのヘビーユーザー
  • Wi-Fiの環境がない

上記の2つに当てはまる人は、dTVターミナルを買うメリットがあるといえます。

それ以外のサービスを利用している人は、クロームキャストやFire TV Stickなどを購入しましょう。

 

有線ケーブルで接続が可能なほかの商品と比較してみた

  dTV
ターミナル
Amazon
Fire TV(※1)
Apple TV 
価格 7,538円(税込) 11,980円(税込) 32GB:19,870円(税込)
64GB:26,780円(税込)
 HDMIケーブル 付属 別売り  別売り
対応動画
サービス
dTV
You Tube
dTV
Hulu
NETFLIX
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
DMM.com
You Tube
dTV
Hulu
NETFLIX
You Tube
4K対応 ×(※2)
 特徴 dTVに特化している   幅広いサービスに対応している リモコンにSiriを搭載している 

※1:Fire TV Stickとは異なる商品です。
※2:第5世代から対応になるといわれています。

dTVターミナルと同じ据え置き型のメディアプレーヤーはほかにもあるので比較してみました。

価格で比べてみるとdTVターミナルが安いのがわかります。

しかし、ほかの動画サービスへの対応可否でくらべると、Amazon Fire TVが圧倒的に有利です。

Apple TVはすこし価格が高いので、デザイン性にこだわりたい方やアップル製品のファンの方にはおすすめします。

dTVだけを使い続けるのであればdTVターミナルで問題ないでしょう。

HDMIケーブルを付属してくれているので、わざわざ自分で用意する必要がありません。

 

dTVでは11月末までスタンプラリーキャンペーンを実施中!!

dtv キャンペーンdTV全会員を対象にスタンプラリーキャンペーンを開催しています。

月ごとに変わるオススメラインナップの中から1作品を見るだけでスタンプがもらえる!!

dtv キャンペーン 2

dtv キャンペーン 23ご応募いただいた方の中から毎月抽選で500名様にプレゼント!

外れても応募月毎に500万dポイント山分け!てすごいですね!!

応募期間は2018年9月1日(土)〜 11月30日(金)までですが、またこのようなキャンペーンを開催する可能性はあるので見逃さずにチェックしておきましょう。

管理人ミツヲ
100名に10000dポイント・・ぐふふ

 

まとめ

今回はdTVターミナルの詳細について紹介しました。

冒頭でも書きましたが、この機械はdTVユーザーのためにつくられたものです。

そのため、ほかの動画サービスを使っている方や今後ほかのサービスにのりかえる可能性がある方にはおすすめしません。

「dTVのヘビーユーザーかつWi-Fi環境がない」という人にはおすすめします。