【まとめ】ネット動画をテレビで見るためのデバイス一覧

プラズマテレビのイメージ画像

有料動画配信サービスを使い始めてから1年弱経ちました。

動画サービスごとのクセも把握して扱い方にも慣れてきたので、色々なサービスを複数契約したのですが、カードの支払いが来るとけっこうな金額を支払う事になってしまって辛いです。

 

ところで、このあいだ実家に帰った時に弟がスマホでdTVを見ていたので

「テレビで見ればいいじゃない?」

って聞いたら

「テレビで見られるの!?????」

と返されました。

知らない人も多いと思いますけど、動画サービスに限らずYOUTUBEでもニコ動でも

大画面で見られるんです!!

 

ネット動画をテレビで見る方法とは?

正直にいって、ネット動画をテレビで見るための機械はいくつか存在しています。

ただし私はマニアックな機械に詳しいわけじゃありません。

一般的なもの(初心者が扱いやすいもの)だけしか分からないので、そこはご了承ください。

というわけで、いってみましょー!!

 

Chromecast(クロームキャスト)

クロームキャスト本体

使いやすさ ★★★★★
見た目 丸い
3色
値段 ¥4,980

前作を超えるカッコ良さを魅せつけてくれるクロームキャスト2!

スマートフォンの専用アプリ(無料)を使って動画をテレビに映すマシーン。

やったことは無いけど、写真もミラーリング(スマホとテレビの画面共有)ができるらしいので、成人式などのイベント写真で鑑賞会を開くことも可能です。

夢が無限大に広がるツールなので、正直5千円は安すぎると思います。

5ギガヘルツ帯に対応するようになり、電子レンジの電波に干渉されなくなってますます使いやすくなっています!

様々な動画サービスに対応していてとっても使いやすいのですが、後述する話によってAmazonでは取り扱われなくなった不憫な子です。

 


▶Chromecast ブラック

 

Fire Stick TV(ファイア スティック ティービー)

AmazonのファイアスティックTV

使いやすさ ★★★★★
見た目 黒い
1色
値段 ¥4,980

Amazonがクロームキャストに対抗して出したツール。

リモコン付きなのでスマホ無しで使えるのが最高に便利なのですが、プライムビデオに特化した使い勝手なので、プライムビデオ以外のサービスを使う時はほんの少しだけ使いにくいです。

ファイアスティックが出たことにより、Amazonからクロームキャストが閉め出されたのは記憶に新しく、そこまでやるか!という徹底ぶりを見せつけてくれました。

音声入力リモコン付きが¥6,480で売っているので、小さい子どもやお年寄りに触らせる場合はそちらのほうが便利だと思います。

プライムビデオを契約している人にとっては必須ツールの一つになっています。

 


▶Fire TV Stick

 

ミラキャスト

スマホをテレビに写せるミラキャスト

使いやすさ ★★★☆☆
見た目 黒い
1色
値段 ¥6,000前後

こちらは完全にスマホとテレビを画面共有するためのツールです。

クロームキャストなどと違ってWi-Fi環境が無くても使えるのがメリットですが、PCやスマホの機種によっては逆にWi-Fi環境で使えないデメリットもあります。

つまり、通信量を気にしなければいけない状態で使うことが出来なくなる可能性もあるということですね。

不具合の報告も多いので、どうしてもコレじゃないとダメっていう環境以外で使うのはオススメできません。

カーナビに使えるので、スマホに動画をダウンロードしてからカーナビに飛ばすのはアリですね。

 


▶ELECOM Miracastレシーバー/ミラキャスト LDT-MRC02

 

Nexus Player(ネクサスプレイヤー)

ネクサスプレイヤー

使いやすさ ★★★★★
見た目 黒丸い
1色
値段 ¥11,500

会社は違いますが、クロームキャストにリモコンがついたような物だと思って間違いないです。

作っている会社がASUSというパソコンのマザーボードを作っている老舗なので、安心感は段違いです。スマホも作っていますしね。

クロームキャストから比べると値段が高いことだけが気になりますが、長く使うことを考えると誤差みたいなもんです。

Bluetoothでキーボードが使えるのが最強のメリットですね。

 


▶Google Nexus Player ZGP552

 

EZ CAST(イージーキャスト)

EZ CAST(イージーキャスト)

使いやすさ ★☆☆☆☆
見た目 黒い
1色
値段 ¥2,580

見た目が初代クロームキャストそっくりなパチモンです。

一応使えることは使えるはずですが、不良品や、偽物の偽物の登場でしっちゃかめっちゃかになっています。

ギャンブルが好きな人や、とにかく安く試したい人にとっては最高のコスパを見せてくるかも。

買う前にはレビューを一通り見ておくのをオススメします。

 


▶EZCast iPush転送器 iOS、Android、 Windows、MAC OSシステム通用Wireless HDMIディスプレイDLNA, Google Miracast, EZAir (Airpaly)対応 HDMIドングル レシーバー 720/1080P対応

 

まとめ

いかがでしょうか。

たくさんのデバイスが出ているのでどれを買って良いのか分かりませんよね。

なので個人的主観を。

  • プライムビデオ契約済 ▶ FireStickTV(アマゾン)
  • プライム以外を契約済 ▶ クロームキャスト

これで失敗のない大画面ライフが送れます。マジで。

他にも色々あるので目移りしますが、最初に買うのは上記2種類にしておけば間違いないです。

というわけで、大画面で動画サービスを見る方法でした!