【格安vs高級】VR動画を見るために必要な3つの要素とは!?

近頃は、猫も杓子も「VR動画!VR動画!」なんていってますよね。

そんな良いものなのかなぁー?、なんてちょっと試しに使ってみたらかなりスゴイことになっていました

とくにアダルトなんて筆舌に尽くしがたい素晴らしさ

ここまで進化したVR動画。

「そんなにすごいなら試してみなくちゃ損でしょ!」

ということで、今回はVR動画を見るために必要なもの全部晒していきますよー!!

管理人ミツヲ
VR動画は全部で3000円もあれば試せるんですよ。技術の○ンポはすごいなぁ。
管理人ミツヲ
○に入るのは「シ」ですよ!もう、やだなぁ・・・ハハハ・・・。

 

VR動画を見るために必要なものは3つ!

VR動画を見るのって難しい?

VR動画を見るために必要なものはたったの3つです。

  1. VR動画・VRアプリ
  2. VRゴーグル
  3. スマホ(ジャイロ機能付き)

ここでピンと来た人はそのままAmazonへGOしましょう!

さっそく新しい世界へ!!

 

そしてここから↓はVR初心者のために、一通り説明をしていきますね。

 

まずは動画を、そしてアプリを、手に入れようっ!!

VR動画を見るためには、VRに対応している動画や、スマホアプリが必要です。

これがないと始まりません。

各動画配信サービスも対応してきていますが、今のところはHuluとdTVとDMMの3社しかありません。

管理人ミツヲ
2017年4月現在の話ですよー。どの会社もこれからドンドン力を入れてくる予定みたいです。

 

無料でも楽しめます

「とにかく無料で体験したみたい!」

という方は、You Tubeやスマホの無料アプリでVRと検索してみてください。

スマホアプリの場合、ホラー系や恐竜系、ジェットコースターや耳かきまで幅広く揃っています。

「え、なにそれ。耳かきのアプリまであるの?」って思いますよね?

でも、実際にVR空間を活かした無料動画や無料アプリはたくさん用意されてるんですよ。いろいろ試してみましょう!

管理人ミツヲ
クオリティは有料のものに敵いませんが、大体の雰囲気はつかめるはずです。

 

必須アイテム『VRゴーグル』を手に入れよう!

VR動画といえば、コレ!

この装置を頭に装着している人ってよく見かけますよね?

正式名称は『ヘッドマウントディスプレイ』といいますが、みんな面倒くさいので「VRゴーグル」と呼んでいます。

管理人ミツヲ
検索するときもVRゴーグルで大丈夫です。

 

VRゴーグルは、高級機から格安ゴーグルまでたくさんあるんだよ!

とにかくVR動画を見たいなら、VRゴーグルがないと始められません。

無くてもなんとかなりそうな気はしますが、動画への没入感がまったく違うんですよ。

  1. 本格派仕様のVRゴーグル
  2. ミドルクラスのVRゴーグル
  3. 格安VRゴーグル
管理人ミツヲ
というわけで、高いやつから安いやつまでをサラッと紹介していきますね。

 

本気ならコレ一本!本格派仕様のVRゴーグル

まずは本格派VRゴーグルから見ていきましょう。

高級機になれば10万円以上のものもありますが、そこまでの価格になるとちょっと手に入れるのも難しいと思うので、今回は10万円以下の中から選びました。

 

PlayStation VR

PlayStation VR

こちらは、もはや説明不要かもしれませんが、SONYが発売したプレイステーション4専用のVRゴーグルです。

専用で作られているため、ゲームとの相性や映像のクオリティーは言うまでもありません。

人気がありすぎて入手困難です!

購入はこちら

 

SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1

SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1

こちらもSONYから発売されたVRゴーグル。お笑い番組のリンカーンでも取り上げられたことがある有名な製品です。

クールな見た目が超カッコイイ!

購入はこちら

 

PIMAX 4K VR ゴーグル 3Dメガネ ヘッドマウントディスプレイ

PIMAX 4K VR ゴーグル 3Dメガネ ヘッドマウントディスプレイ

上海のPIMAX社が作った4K画質のヘッドマウントディスプレイ。

ゲーム用として開発されたもので、なんと4万円台という破格で購入できるのが魅力。

購入はこちら

 

10000円以下で買えるミドルクラスのVRゴーグル

それでは次に、10000円以下で買えるミドルクラスのVRゴーグルです。

本格派よりも安く買えるのですが、液晶画面がついていません。
代わりに手持ちのスマホを装着して使わなければいけないのです。

スマホさえ持っていれば、どれもお手頃な価格なので「ちょっとVRを試してみたい」という方にはぴったりだと思いますよ。

管理人ミツヲ
スマホを持っていなくても、格安スマホにすれば1万円前後からあるので安く済みますね。

 

VOX gear+ 3DVR ゴーグル

VOX gear+ 3DVR ゴーグル

こちらはAmazonランキングでいつも上位に食い込んでくる人気メーカー「VOX」。

手頃な値段で本格的な作りです。

僕も持っていますが、値段以上の作りでコスパは相当いい感じですね。

⇒購入はこちら

 

Virtoba X5 VR

Virtoba X5 VR

こちらも前述のVOXと同じようなタイプのVRゴーグル。

メーカーは違いますが性能的にはそれほど変わりませんので、デザインの好き嫌いで決めても良さそうです。

(Made in Chinaなので、OEMでたくさん作られるんでしょうね。。。)

⇒購入はこちら

 

Samsung Galaxy Gear VR (2016)

Samsung Galaxy Gear VR (2016)

こちらのサムスンから発売されているギャラクシーギアVRは少し特殊な仕様。

サムスンが出しているスマホ:ギャラクシー専用に作られているため、GALAXY S6GALAXY S6 Edgeなどのスマホにしか対応していません。

しかし専用品だけあって、スマホを装着するタイプの中ではとても精度が高いのがウリです。

⇒購入はこちら

 

割安なダンボール製のVRゴーグル

最後はダンボール製の安いゴーグルをご紹介します。

正直しょっぱい作りをしているように見えますが、小さく折りたためるし、捨てるのに困らないので、人によっては重宝すると思います。

1個千円前後とすごく安いので、パーティーの余興に使ったりするといいかも。

まぁ、正直言ってVRを楽しむには物足りない感じなので、お試しキットの感覚で買ってみるのが一番だと思います。

 

Linkcool Google Cardboard(グーグル・カードボード)3Dメガネ

Linkcool Google Cardboard(グーグル・カードボード)3Dメガネ

最低限の機能が揃っているお手頃なVRとゴーグル。

せっかく加工しやすいダンボール製なので、カスタム前提に購入しちゃいましょう。

毎日使うようなヘビーユーザーでなければこれでも十分かもしれません。

⇒購入はこちら

 

ハコスコ タタミ2眼

ハコスコ タタミ2眼

手持ち・・・圧倒的手持ち。ハコスコ社製のVRとゴーグルです。

見た目が可愛いのでインテリア代わりに使ってみたり、マジックでカラフルに塗ってみたり、

「家くる?可愛いVRにゴーグル買ったんだ。」

なんて彼女を誘ってみたり・・・。

⇒購入はこちら

 

高級なゴーグルと安いゴーグルの違いは?

ここまでたくさんのゴーグルを並べてきましたが、「高級なゴーグル」と「ミドルクラスやダンボール製のゴーグル」を比べてみると、いくつかの違いがあります。

個人的に気になったのが「液晶の有無

高級機には最初から液晶が用意されていて、ミドル機のようにスマホを装着しなくていいようになっています。

 

安いVRゴーグルはスマホが液晶代わり

高級機とは逆に、ミドルクラスやダンボール製のゴーグルだと、スマホをセットしないといけない製品がほとんど。

つまりスマホを持っていなければ、使えないということです。

しかし、スマホ普及率が増えたとはいえ、まだまだみんながスマホを持っている時代というわけではありません。

  • 高級機は高すぎて手が出ない。
  • でもスマホを持っていない。

じつは、そういう人のために格安スマホというものが用意されています。

 

VRゴーグルに最適な格安スマホとは?

VRゴーグルに最適な格安スマホとは?

格安スマホは、例えるなら小さなタブレット!

Wi-Fi環境なら携帯会社との契約をしなくても、自由自在にインターネットが楽しめます。

ですが、VRを見るなら一点だけ注意しておかなければいけないことがあります。

「ジャイロセンサー(ジャイロ機能)」

が搭載されているか?という点。

間違ったものを買ってしまうと、VR動画を上手く楽しめなくなるので注意したいところですね。

 

ジャイロセンサーとは?

「ジャイロセンサー」というと、あまり聞きなれない言葉です。

傾きを調べるためのセンサーのことですが、スマホはこのセンサーによって今どれぐらい傾いているか、などを感知できるようになっています。

VR動画は顔の向きを変えることで映像も連動するようになっています。

なので、顔の動きを検知されなければVR画面が動かなくなってしまいます。ジャイロセンサーが必ず必要になってくるんですね。

管理人ミツヲ
ちなみにスマホを装着しなくてもいい高級タイプのVRゴーグルには、最初からジャイロセンサーが搭載されていますよ。

 

VRゴーグルに最適なスマホのサイズは?

あ、忘れていましたがスマホのサイズも大事な要素です。

結論からいうと、4.7インチ〜6インチのスマホであれば、基本的にはどんなVRゴーグルにも適応可能です。

意外に思うかもしれませんが、VRゴーグルによってスマホの適応サイズはバラバラなのです。

「4〜6インチ」「3.5〜6インチ」「4.7〜6インチ」「4〜6.5インチ」「4~6.2インチ」……

こんな感じで画面適応サイズが変わってきます。

  • 縦:約11cm〜13cm
  • 横:約6cm〜7.5cm

を目安にすると大丈夫です。

管理人ミツヲ
iPhoneSEなどの小さなスマホサイズが好きな人は気をつけてくださいね。

 

VR動画を見るためにおすすめの格安スマホメーカー

スマホの選び方が分かったところで、最後におすすめの格安スマホメーカーを3つご紹介していきます。

格安スマホはこの3社から選んでおけば耐久性や安全性もバッチリです。

日本製ではないのですが、安いものだと1万円からあるのでコスパもすごくいいです。

  • HUAWEY(ファーウェイ)
  • ASUS(エイスース)
  • FREETEL(フリーテル)

 

「HUAWEY(ファーウェイ)」

HUAWEY(ファーウェイ)

ファーウェイは中国の大手スマホメーカー。

安い、早い、便利。

とくに宗教上の理由がなければこのHUAWEYのスマホを買っておけば間違いありません。

初心者はまずHUAWEY

HUAWEYのスマホを見てみる

管理人ミツヲ
わかりましたか。まずHUAWEYですよ。

 

「ASUS(エイスース)」

ASUS(エイスース)

格安スマホの中でも、かなり知名度が高いメーカー。

社名があやふやで、アスースと呼んでいる人もいます。

ASUSのスマホを見てみる

管理人ミツヲ
とくにZenFoneシリーズがかなり有名。

 

「FREETEL(フリーテル)」

FREETEL(フリーテル)

格安スマホの代表格フリーテル。

たまにヨドバシとかビックカメラで売ってますよね。

機能面では前述のHuaweiやASUSには劣りますが、その分だけ値段が安い!

FREETELのスマホを見てみる

管理人ミツヲ
うん、安い!

 

VRゴーグルと格安スマホのオススメはこのセット!

VRゴーグルと格安スマホメーカーについていろいろとご紹介してきましたが、最終的にどれを買えばいいのか分からないという方もいると思うので、おすすめの組み合わせを発表します。

ずばりオススメは、

VOXのVRゴーグル」

そして専用スマホも一緒に買うなら、

「HUAWEYの格安スマホ」

この2つを買っておけば間違いありません。

効率よくVR動画を楽しみたいなら、ぜひこの組み合わせを試してみてください。(2017年4月現在)

管理人ミツヲ
コスパの面でも、実用性の面でも最強の組み合わせです。

 

まとめ:格安VR環境のおさらい

格安VR環境の作り方

では、最後に必要なものをおさらいしていきましょう。

  • VRゴーグル
  • VR動画(無料の動画やアプリ)
  • スマホ(高級機には必要ない)

この3つをとりあえず揃えてみましょう。

そうすれば、「なるほど、VRっていうのはこういうものか」と納得できるようになります。

管理人ミツヲ
仮想現実は控えめにいって超最高ですよ!ひゃっほおおおおおおおっ!!!