有料動画サービスを比較する上で大事な4つのポイント

さまざまな色鉛筆

今や動画配信サービスもたくさん有りすぎて、何が何だか分からなくなっている感じも薄っすらと感じて来ていますよね。

たった一つ選ぶだけなのにすごく迷ってしまうわけです。配信会社も増えてきているので、選択肢が多くなって、本当はサービスが増えたら喜ぶべきはずなのに困ってしまいます。

特に、動画サービス初心者の方はどこのサービスを選んだらいいのか非常に難しくなっているはずです。

そこで、今回は動画配信サービスを選ぶ時のポイントを幾つかに分けてご紹介しますね。

■自分が見る予定のスマホやテレビに対応しているか?

■動画配信の作品数は? 

■動画サービスの使いやすさは?

■無理なく続けられる値段か? 見放題以外にかかる金額は?

この4つのポイントを押さえておけば、いくら無料期間があるとはいえ動画サービス選びで大きな失敗をすることも無くなるので覚えておいて下さい♪

 

 

ポイント解説

自分が見る予定のスマホ、テレビに対応しているか?

これ大事ですよね。絶対に外せないっていうか、ここを見ておかないと動画自体が見られなくなる危険があるので確認をシッカリしておきましょう。

動画配信サービスというと、スマホやタブレットは必ず対応しているというイメージがありますけど、実際には古いアンドロイドやIOSでは見られないケースも有ります。メジャーなサービスではかなり対応機種を増やしていますが、あまり有名でないマイナーなサービスなんかになると、とたんに対応機種が少なくなっているケースもありますので注意して見て下さいね。

また、テレビのような大画面で見たい場合も注意が必要です。

テレビで配信動画を見る場合は、テレビ自体がそのサービスに対応している場合と(スマートテレビなど)、テレビに外付け機器を取付て見る場合(クロームキャストなど)の2パターンがあります。

例えば、クロームキャストを持っていて、Amazonプライムビデオを契約して締まった場合、対応していないので見ることが出来ません。

こういった感じで、まずは自分の見たい環境で本当にそのサービスが使えるかどうかの確認をしましょう。いくらみたい動画があっても、自分の環境で見られなければ意味が無いですね。

どうしても我慢出来ないときに、動画サービスに合わせて環境を整えるのは最後の手段にしておいてください。配信会社はかなりの種類があるので、きっとそこの会社以外にも選択肢があるはずです。

※スマホのmicroUSBからHDMIへの変換ケーブルもありますが、対応機種が限られています。使ったことが無いのでここでは説明を省きます。

 

動画配信の作品数は?

実はそんなに重要ではない配信数です。実際に何万作品も有ったとしても全部見られる人間はそうそういません。1日1作品みて1年間で365作品ですね。1万動画見るのに30年かかってしまいます。

そんな作品数を競うよりも、作品の質に気を配ってくれたほうが嬉しいんですけど、やっぱり動画配信会社の信用度の指標になるので、作品数が多いほうが安心出来ます。

つまり、作品数が多いほど会社としての信頼は大きいけど、作品数が多くても全部見ることはまず無いのでそこまで気にしなくていいという結論です。

何回もテレビで放送された旧作よりも、話題のドラマや新作が早く見られたほうが得した気分になれませんか(笑)。

 

動画サービスの使いやすさは?

こちらは登録してからの話になるんですけど、各社そろって無料期間があるので覚えておいて損は無いはずです。

「UI」=ユーザーインターフェースと読みます。

つまり動画配信サービスの管理画面の使いやすさのことなんですけど、これがバカに出来ないくらい配信会社によって違うんです。

見たい動画が有って、すぐに見られればそれでいいんですけど、見たい動画がない場合に、登録されている作品タイトルをダラダラ見続けるのって苦痛じゃないですか?レンタルビデオ店だったらジャケ借りとか出来るのに!って思いながらその日の気分に合った動画を何十分もかけて探すわけです。

dTVのザッピングとかNetflixのレコメンドのように配信会社によって力の入れ具合が違います。

子供にアニメを見せるだけとかなら、そもそもいらない機能ですけど、オススメ動画が出てくるのと出てこないのでは使い勝手が全然違いますよ。

 

無理なく続けられる値段か? 見放題以外にかかる金額は?

やっぱりお金は大事ですよね。

見放題だけで済ませる人なら見放題分の金額でいいんですけど、新作レンタルや動画を買い取りたいって場合だとプラスαでお金がかかってきます。

今一番高い見放題サービスはU-NEXTと、楽天ショウタイム(中身はU-NEXTですけど)の月額1990円です。これが高いか安いかは生活スタイルによって違うわけですけど、dTVの月額500円と比べると約4倍も変わってくるんですね。

アカウント数も違いますが、dTVに複数加入した方がお得じゃないかって思ったりもするんです。でも、U-NEXTには男性にとって嬉しいアダルト配信や雑誌の読み放題があるので、そこも踏まえてのサービス内容と金額になっているんですね。

レンタルサービスはどこも大体似たような金額になっていますが、中にはDVDよりも配信の方が早い会社もあるので、気になるなら様子を見つつ楽しんで下さいね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

私も最初「どこの会社も一緒じゃん」って思っていましたが、入ってみて初めて分かる各配信会社の違いというのに気がついてしまいました。

中には、わざわざ入らなくても良いような本当にしょうもない配信会社もあったりして、無料期間って大事だなぁとつくづく思った次第です。

もし、まだ配信サービス選びを迷っているのなら、当サイトの「オススメランキング」も参考にして見て下さい。きっと満足頂ける結果になると思います。

⇒当サイトのオススメランキングを見る